ほうれい線・しわリフトアップ・顔のたるみ

美容整形で「金の糸施術」をした後は美容鍼灸受けても大丈夫?

記事 美容整形で「金の糸施術」をした後は美容鍼灸受けても大丈夫?のアイキャッチ画像

みなさまこんにちは

大阪市住之江区でリフトアップ、しわ、たるみの改善で多くの方に
喜んで頂いたいる美容鍼灸専門サロンHARIATT(ハリアット)の中野です。

いや〜花粉飛んでますね。。。
花粉症の私としては毎年の事ではあるのですが
3月の頭からこんなに飛んでましたっけ?

この時期はお肌の乾燥や毛穴の開きなどで
お悩みの方が多く来られます。

こういった外部環境が変化する時に
しっかりお肌の表皮の下の真皮層が
代謝機能が働いて内側からハリと潤いがある状態を
作っていると全然違いますね。

また近いうちにお肌の乾燥や毛穴のケアなどの記事も
アップしますね。

ではでは本題へ。。。
sample_photo1

美容整形外科と美容鍼灸は同時に通えるの?

当院に美容鍼灸を受けに来られる方の中に
美容整形外科での施術も平行して受けられる方もいらっしゃいます。

クライエント様から「平行して通っても大丈夫ですか?」という
質問を頂く事もありますが
ハリアットではその辺りの知識も兼ね備えたスタッフが
担当致しますので安心してご相談ください。

状態にもよりますが
その美容整形外科で受けた施術内容によっては
ほとんどの場合が施術可能です。
切ったり、貼ったりしても
やはりお肌の内側や筋肉の働きを取り戻す
美容鍼灸はかなり有効です。
悩まれている方も是非1度ご相談ください。

美容整形外科でおこなう「金の糸施術」とは?

金の糸を使った治療法とは
24金でできた糸とポリグリコール酸吸収糸(体内で分解吸収される糸)を
皮膚の表面と平行になるように真皮層に埋入していく治療法です。

img_pic01

埋入された金の糸は周囲の皮膚に緊張を与え
ポリグリコール酸吸収糸は
真皮組織に刺激反応を生じることにより
真皮と表皮に酸化と更新という反応を
引き起こして皮膚を肥厚させ
施術後3〜4週間の経過で
皮膚の構造と外観による変化が
認められる治療法です。

金の針施術後は美容鍼灸を受けても良いですか?

結論からお伝えしますと
金の糸の治療を受けた後は
受けたクリニックにもよりますが
2ヶ月はエステは控えた方が良いとされています。

美容鍼灸も2ヶ月空けてから施術をおこなうことが目安となります。

その間はお身体の不調や
ホルモンバランス、自律神経の調整と
金の糸施術を受けた以外の場所を
アプローチしていく等をおこないます。

術後の経過やその時のお肌の状態に合わせて
配穴を変えたりしていきますのでご安心くださいね。

美容整形も即効性があり
素晴らしいのですがやはり
美容鍼灸でアナタの持つ本来のお肌の機能を取り戻しましょう!

大阪市住之江区でシワ、たるみの改善を目指すならハリアットへ!